2013年05月18日

Yahoo! に不正アクセス、最大2200万件のID流出問題

ヤフーは5月17日、5月16日の21時ごろに、運営するポータルサイト「Yahoo! JAPAN」のIDを管理しているサーバに外部からの不正アクセスがあったことが判明したと発表した。

ヤフーは先月発生した不正アクセスを踏まえ、監視体制を強化しており、今回、不審なログインを検知するに至ったそうだ。

なお、ヤフーによると、「IDはサービス上に表示され、誰でも見ることが公開情報」であり、ユーザーのパスワードやパスワードを忘れたときに必要な「秘密の質問」などを含めた個人情報は含まれていないとしている。

このニュースを聞いて、アジアの某国の攻撃か、と思ったのは私だけだろうか。

先月にも不正アクセスされて監視を強化しているのに、見事にIDが流出したのだから、内部の者のしわざかもしれない。

現在ヤフーのIDは無料で取得できるが、逆に有料(月100円とか)にして、ID流出などがあった場合にユーザーにお金が返金されるというルールにすれば、ヤフーもこれまで以上に必死に監視するようになる、と思うのは私だけだろうか。

posted by やっちゃん at 05:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。